Open Source Community

Red Hat + CentOS

Red HatとCentOS プロジェクトが、次世代オープンソース・プロジェクトの更なる開発促進や導入促進を可能にする新たなCentOSの開発で協力。

成長し続けるオープンソース・コミュニティを作り上げて、よりオープンなプロジェクトガバナンスとロードマップの実現、参加機会の拡大、そしてクラウド、仮想化、SDN(Software-Defined Networking)などの次世代のテクノロジーをCentOSのユーザや開発者に提供するために、Red Hatはリソースと専門知識を提供します。

CentOS プロジェクトはRed Hatからの協力と投資により、CentOSの異なったコンポーネント・レイヤーやより早く進化しているコンポーネント・レイヤーを求めているコミュニティ・ メンバーのニーズに応えられるようになり、OpenStack、Gluster、OpenShift OriginそしてoVirtなどのオープンソース・プロジェクトへのこれまでの取り組みを拡張していくことが可能になります。

Red HatとCentOS プロジェクトは共同で、透明性とアクセス性を改善して貢献や参加を容易にする、CentOS プロジェクトのためのオープンなガバナンスモデルを確立します。

一般的な質問

CentOS

CentOS プロジェクトは、Red Hat Enterprise Linuxのコードをベースにその他のソースを組み合わせ、多くの支持を集めているコミュニティLinuxディストリビューションであるCentOSを提供しています。今後CentOS プロジェクトは、OpenStackなど他のプロジェクトから生まれてくる新たなオープンソーステクノロジーに対応した、先進のコミュニティ・プラットフォームとしてCentOSを拡張していきます。

Red Hat Enterprise LinuxとCentOSの違いは?

CentOSは、ユーザと貢献者の手によって開発、保守、サポートが行われているコミュニティ・プロジェクトです。Red Hat Enterprise Linuxは、Red Hatがその契約ユーザのために開発、保守、サポートを提供しているサブスクリプション製品です。

CentOSはRed Hat Enterprise Linuxのコードをベースとしていますが、異なったビルド環境、QAプロセス、そして幾つかのバリエーションでは異なるカーネルやオープンソース・コンポーネントが含まれているため、CentOSはRed Hat Enterprise Linuxと異なります。このため、CentOSバイナリはRed Hat Enterprise Linuxバイナリと同じではありません。

またこの2つは、フォーカスが異なります。CentOSが強力なコミュニティ・サポートを備えたディストリビューションであるのに対し て、Red Hat Enterprise Linuxはセキュリティ、信頼性、パフォーマンス、そして本番環境での利用を前提にハードウェア、ソフトウェア、政府機関等からの認定を得た、非常に安定しているエンタープライズ・プラットフォームです。また、Red Hatはトレーニングや問題に速やかに応えられる包括的なサポート体制を提供し、そして新しいバージョンへの新機能の追加によってニーズの変化にも柔軟に対応できるようにしています。

実際に利用される環境では、ユーザが各々のインストール状態に応じてバグやセキュリティ上の脆弱性に対するパッチを適用するため、OSの状態は更に異なっていきます。またCentOS プロジェクトは、Red Hat Enterprise Linuxのコードをベースとしないソフトウェアのコードレポジトリを保守しています。この中にはCentOS プロジェクトによって決定された機能変更も含まれています。CentOSユーザ向けの追加パッケージや環境も用意されています。

▲Topへ戻る

協力する理由

なぜRed HatはCentOS プロジェクトに協力するのですか?

Red Hatの成功の源は、コミュニティの力によって生み出されたイノベーションです。たとえば、OpenStackとRDOの成長はコードレベルでの成熟度、 そしてプロジェクトとRed Hat両方の市場での認知度を高めるため、これによってRed Hat Enterprise Linux OpenStack Platformサブスクリプションの需要がさらに増えます。

Red HatはCentOS プロジェクトにおいて積極的に取り組むことで、Red Hatのコミュニティ指向ユーザの輪を拡げて、開発を迅速にしてOpenStackのようなプロジェクトにより多くリーチできるようにします。そしてその成果を今後のCentOSに反映していきます。

Red HatはCentOS プロジェクトと協業することで、Fedoraを通じたプラットフォーム・イノベーションだけでは実現できない成果を達成でき、適度に安定しつつも、求められている改善を施されたコミュニティLinuxディストリビューションをプロジェクトやそのユーザに提供できるようになります。

CentOS プロジェクトがこれを受け入れる理由は?

2004年のリリース当初以来、オープンソース・テクノロジーの統合に焦点を当ててCentOSはそのコミュニティと共に大きく成長してきました。 CentOS プロジェクトはRed Hatとの協業により、イノベーション、コミュニティへの貢献、スタック全体そしてOSの領域を超えた参加を可能にすることでCentOS プロジェクトを拡充でき、新しい局面へと進むことができます。

▲Topへ戻る

位置づけ

CentOSの、Red Hat Enterprise LinuxやFedora Projectとの親和性は?

Red Hat LinuxをRed Hat Enterprise Linux製品とFedora Projectに分けた際、私たちは前者を商用の実装に、そして後者をコミュニティ・イノベーションの継承へと焦点を当てて振り分けました。

CentOSは、コミュニティ指向のユーザに、Fedoraが提供する先進性よりも、より保守的な環境と一貫性を備えたディストリビューションを介してオープンソース・テクノロジーの開発と利用のための手だてを提供し、商用実装とコミュニティ・イノベーション・プラットフォームとの間のギャップを埋めます。

商用実装:業界をリードするエンタープライズ・クラスのLinuxであるRed Hat Enterprise Linux、多様なニーズに応えられるパートナー・エコシステム、動作認定のとれた様々なハードウェアとソフトウェアの提供、数々の称賛を得たサポート体制、コンサルティングとトレーニング・サービス。Red Hatのサブスクリプション契約は、業界屈指のパートナー、エンドユーザ、Linuxエキスパートのエコシステムへのアクセスを可能にし、プロジェクトのより速やかな成功を導き出します。

コミュニティ・イノベーション:Fedoraはコミュニティによって開発され、コミュニティによってサポートが提供されているLinuxディストリビューションです。 カーネルからクラウドに至るまで、最先端のオープンソース・テクノロジーをユーザが利用し、その進化に貢献できます。そのスタック中のあらゆるレベルがオー プンで、改修と改善ができる最先端の開発プラットフォームとして、Fedoraは将来のRed Hat Enterprise Linuxのベースとなるアップストリームのプロジェクトと位置づけられています。

コミュニティ・アダプション:CentOSはコミュニティによって開発され、コミュニティによってサポートが提供されているLinuxディストリビューションで、Red Hat Enterprise Linuxとその他のオープンソース・テクノロジーを融合させ、適切な安定性を維持しつつも柔軟性を備えたプラットフォームです。CentOSは、Red Hat Enterprise Linuxのソースを礎にしたプラットフォーム上にオープンソースのクラウド、ストレージ、基盤テクノロジーを統合した、コミュニティ・アダプションとインテグレーションのためのベースを提供します。

どのような状況にあわせてRed Hat Enterprise Linux、Fedora、CentOSを選択すればいいですか?

Red Hat Enterprise Linux、Fedora、CentOSは、それぞれ異なった目的に応える異なったOSです。開発環境から本番環境に至るまで、信頼性、堅牢性、サポート体制、そして認定を受けたプラットフォームが必要であれば、Red Hat Enterprise Linuxを利用します。

一般的に、FedoraはCentOSよりも更に新しいバージョンのオープンソース・コンポーネントを提供します。最先端のオープンソース・ ソフトウェアの利用、統合、トラッキングが目的であれば、Fedoraが正しい選択肢となります。今後のRed Hat Enterprise LinuxやCentOSの開発や方向付けに貢献したい場合、プラットフォーム・レベルでの拡張性を考えている場合にはFedoraを利用します。

厳選された最新コンポーネントと共にOpenStackのようなオープンソース・プロジェクトを利用したいのであれば、CentOSを選びます。ソフトウェア・スタックのあらゆるレイヤでの新規開発には捕らわれることなく、最新のイノベーションの利用、体験、実験をしたいような場合はCentOSが適切です。エンタープライズ・グレードのサポートを備えたOpenStackプラットフォームをRed Hat Enterprise Linuxと共に利用したい場合は、Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platformが業界における最善の選択肢となります。

▲Topへ戻る

CentOSにとって意味するもの

CentOS プロジェクトは、より多くのオープンソース・テクノロジーに基づいた、様々なバリエーション(Variants)を提供するためにそのミッションを拡張します。これらのVariantsは、複数のクラウド/仮想化プロジェクトを補完するための基盤環境としての役割を果たします。CentOS 6をXenホストとして利用するためのコンポーネントを提供しているXen4CentOSプロジェクトが、その具体例として上げられます。今後、OpenStackやoVirtが必要とする仮想化コンポーネントを提供するものや、ハードウェア・サポートやWebホスト向けのコンポーネント・アップデートを提供するVariants等が登場する予定です。

これらの各CentOSVariantsはCentOS プロジェクトのSIG(special interest groups)によって管理とプロデュースが行われます。またユーザはこれらのVariantsにCentOSのインストール過程でアクセスできるようになります。CentOSのVariantsに関する詳細は、FAQのCentOSと各Variantsを参照してください。

メリットベースのよりオープンなガバナンス環境を用意して、CentOSはさらに多くの開発者を取り込んでいきます。その貢献者コミュニティがCentOSのビルドと保守を全面的に行えるような、コミュニティベースのビルド・システムも計画されています。詳細は、FAQのCentOSのガバナンスを参照してください。

CentOSのリリース

アップデート、パッチ、そして新規リリースの提供におけるCentOS プロジェクトのゴールは?

問題が発生した場合、対応できる最大限のプロジェクトのリソースを使い、可能な限り迅速にアップデートを提供するのがCentOS プロジェクトのゴールです。

CentOSのリリース・タイミングとその周期は、ロードマップと、プロジェクトが意図しているリリース可能か否かの基準に基づきます。

CentOSのリリースはRed Hat Enterprise Linuxと同期して提供されますか?

いいえ。Red Hat Enterprise Linuxのソースがリリースされた後、それに続いて短期間でCentOSリリースが提供されます。

リリース・タイミングは、追加のコンポーネントを含んだ上でプロジェクトが意図しているリリース・スケジュールがベースとなります。

このRed Hatとのリレーションシップは、CentOS プロジェクトのライフサイクルに影響がありますか?

CentOS プロジェクトのライフサイクルは、その貢献やユーザのニーズに応えられるよう引き続きコミュニティの手に委ねられます。

次のCentOSのリリースはいつですか?

次のCentOSのリリースはOpenStackプロジェクトやRed Hat Enterprise Linuxのような製品のアップデートの後になる予定です。

Red Hatとの今回のリレーションシップによって、CentOSはよりセキュアになるのですか?

セキュリティの課題に対して、CentOS プロジェクトがこれまでと変わらずに対応していきます。

▲Topへ戻る

ヘルプとサポート

CentOSに対するコミュニティ・サポートはどこで得られますか?

ドキュメントやヘルプは、CentOSコミュニティのフォーラム、IRC、メーリングリストを介して他のメンバーより得ることが可能です。詳細はヘルプのページを参照してください。

CentOSのバグの連絡先は?

CentOSバグトラッカー http://bugs.centos.org/ を参照してください。

▲Topへ戻る

CentOSへの貢献

CentOS プロジェクトへの参加方法は?

他のユーザの手助け、wikiコンテンツの保守、翻訳作業への貢献、SIGの立ち上げや参加でCentOS プロジェクトに貢献できます。詳細は、CentOS プロジェクトのwikiをご覧ください。この後、コンポーネントのアップデートや、急速に進化するOpenStackのようなプロジェクトに応えるためのテクノロジーに特化したCentOSのvariantVariantsのプロデュースを他のメンバーと共同で行えるようになります。参加に関する詳細は http://wiki.centos.org/Contribute を参照してください。

CentOSに寄付を行う意味は?

寄付を行っている皆様はCentOSにとって非常に貴重なサポータであり、継続を検討していただきたく思います。CentOSコミュニティのサイズとスコープを鑑みても、私たちはマイナー・スポンサーとしての皆さんの援助を必要としています。

ご質問があれば、直接Governing Board(board-private@centos.org)までご連絡ください。

ミラー・ネットワークへの参加方法は?

http://wiki.centos.org/Mirrors/HowToJoin を参照してください。

▲Topへ戻る

Red Hatにとって意味するもの

Gluster、JBoss、そしてその他のオープンソース・コミュニティへの貢献と同様に、Red Hatはリソースと専門知識をCentOS プロジェクトに提供します。Red HatはCentOS プロジェクトと共に、よりオープンなプロジェクトガバナンスの実現、参加できる機会の拡大そしてコミュニティ・メンバーがコア・ディストリビューションのビル ドと拡張を行うための新たな方法を提供します。

コミュニティ

CentOSコミュニティは、どのようにRed Hat製品の進化に影響を与えることができますか?

パートナーや顧客として働き掛けることが、Red Hat製品の特定の機能の進化に影響を及ぼすための最も効果的な方法となります。また、CentOSコミュニティ・メンバーは、Red Hat製品がベースとしているFedoraのようなオープンソース・プロジェクトに貢献することで、Red Hat製品の進化に影響を及ぼすことができます。

Red HatとCentOSが協業するオープンソース・プロジェクトはGluster、OpenStack、oVirtの他にどのようなものがありますか?

ビジネス戦略上有効だと考えられるすべてのプロジェクトで、Red HatはCentOS プロジェクトと協業していく予定です。

▲Topへ戻る

顧客とサポート

今後はCentOSについての質問も、Red Hatのサポートの範囲となりますか?

いいえ。CentOSについてのサポートが必要な場合は、今後もCentOSコミュニティが提供します。CentOS プロジェクトが提供しているものと比較するための最新のRed Hat Enterprise Linuxの状態のモニタリングは行われますが、Red Hatやそのパートナーによるタイムリーな問題点の診断/解決は含まれていません。

CentOS、OpenStack、GlusterそしてoVirtに対するサポートが必要と考えているユーザは、Red Hat Enterprise Linux、Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform、Red Hat Storage、そしてRed Hat Enterprise Virtualizationのサブスクリプション契約を検討してください。

CentOSを導入した後やCentOS プロジェクトから入手したパッケージをRed Hat Enterprise Linuxシステムに適用した後、どのようにしてRed Hatからサポートを受けられますか?

CentOSやCentOSパッケージに対するサポートはRed Hatから受けることはできません。Red Hat Enterprise Linuxを導入し、Red Hat Enterprise Linux上に存在する問題が発生した場合にはサブスクリプション契約に基づいてRed Hatにコンタクトできます。Red HatがサポートするのはRed Hatが提供しているソフトウェアだけです。CentOS プロジェクトも含めて、外部のプロバイダーやプロジェクトから得られたソフトウェアに対してサポートは提供されません。

CentOSのチームメンバーが公式にRed Hatへバグを報告できるようになるのですか?その際の方法は?

CentOSのチームメンバーが公式にRed Hatへバグを報告できるようにはなりません。CentOSのバグ報告と対応の優先順位付けは、コミュニティによってホスティングされているページで CentOSのコミュニティ・メンバーの手よってオープンかつ透明性をもって行われます。CentOSに存在するバグが必ずしもRed Hat製品に存在するわけではなく、CentOS プロジェクトによってレポートされたバグがRed Hat製品に存在するか、そのすべてを検証していません。Red Hat製品へのバグ報告を行いたい場合は、Red Hat製品で発生したバグをRed Hat Customer Portal経由で報告してください。

CentOSからRed Hat Enterprise Linuxへのコンバートはどの程度容易になりますか?

CentOSからRed Hat Enterprise Linuxへのコンバートに関しては、Red HatのCentOS プロジェクトへの協力によって特に変わりません。Red Hatのサポートが必要なCentOSユーザはサブスクリプション契約を購入してRed Hat Enterprise Linuxのインストールを行う必要があります。既存のアプリケーションのすべてを再インストールする必要があります。

Red HatはCentOSのサブスクリプション契約を販売しますか?

いいえ。Red Hatがサポートを提供するのはRed Hatが提供するソフトウェアに対してだけです。CentOS プロジェクトなど、協力しているプロジェクトへのサポートは提供しません。

▲Topへ戻る

パートナー

もしも利用しているソフトウェアがCentOS上で稼働していたり、利用しているハードウェア上でCentOSが稼働している場合、それはRed Hat Enterprise Linux上での動作認定が得られていると言えますか?

いいえ、Red Hat Enterprise LinuxとCentOSは別のものです。

もしも利用しているソフトウェアがRed Hat Enterprise Linux上で稼働していたり、利用しているハードウェア上でRed Hat Enterprise Linuxが稼働している場合、それはCentOSを稼動させたり、CentOS上で動作すると言えますか?

Red Hat Enterprise Linuxが稼動するハードウェアやRed Hat Enterprise Linux上で稼動するソフトウェアでも、CentOSで問題が生じる場合があります。これは、ビルドシステムや内容の構成がRed Hat Enterprise LinuxとCentOSでは異なるからです。Red HatもCentOS プロジェクトのいずれも、CentOS向けのソフトウェア動作認定プログラムやハードウェア認定プログラムは提供していません。

Red HatのCentOS プロジェクトへの協力は、Red Hat製品を対象としているSystem Integrator (SI)、ISV、IHVにどのような変化をもたらしますか?

多様なハードウェアとソフトウェアのエコシステムを備えたサポートと認定のある確かなソリューションを自らのお客様に提供していくのであれば、Red Hat製品を引き続き対象としていくべきです。アップストリームのプロジェクトに貢献していくのであればCentOSやFedoraはその良いスタート地点となります。

▲Topへ戻る

CentOSとRed Hat Enterprise Linux

これからも顧客とパートナーが有償のRed Hat Enterprise Linuxを必要とする理由は?

Red Hatのサブスクリプション契約は、進化していくビジネスのニーズに応えられるエンタープライズ・クラスのアプリケーション・プラットフォームを提供します。Red Hatが持つ業界内における強力なリレーションシップだけでなく、Red Hatがオープンソースの開発コミュニティで確立している独自の、そして唯一無二のポジションによるメリットを享受できます。これらにより、Red Hatは業界内とコミュニティ両方のイノベーションをRed Hatのエンタープライズ製品に反映させ、その顧客やパートナーのロードマップを充足できます。これにより、保守性、信頼性、柔軟性を備えたセキュアなIT基盤で、ビジネスのニーズに応えられます。

今後、企業はRed Hat Enterprise Linuxの環境にCentOSを混在させても問題ないですか?

Red HatのCentOS プロジェクトへの協力は、CentOSとRed Hat Enterprise Linuxの混在した実装環境をRed Hatが推奨するものではありません。Red Hat Enterprise Linuxのサブスクリプション契約は、CentOSやその他のコミュニティ・プロジェクトの利用に対してサポートを提供していません。

今回のことは、CentOSを本番環境での利用をRed Hatが推奨していると考えていいですか?

いいえ。エンタープライズの本番環境やプロフェッショナル向けの認定とサポートを備えたエンタープライズ・クラスのLinuxプラットフォームとしては、今後もRed Hat Enterprise Linuxがベストな選択肢です。

Red Hat Enterprise LinuxとCentOSのビルド環境や配布の基盤は同じだと考えていいですか?どちらも同じデジタル署名となりますか?

いいえ。Red Hat Enterprise LinuxとCentOSのビルド環境や配布の基盤は今後も異なったままです。また、異なったキーでデジタル署名されています。

Red Hat Enterprise LinuxとCentOSのテスト方法の違いは?

CentOSにおけるテストは、CentOSコミュニティによるボランティアによって行われています。Red Hat Enterprise Linuxは徹底したテストを透明性を持ったやり方で行い、認定も提供しています。Red Hatは主要なハードウェア・メーカーと提携し、これまで何年も利用されてきたハードウェアはもとより、新しいハードウェアの販売開始当初より問題なく動作するようテストを行い動作認定を提供しています。Red Hatは業界をリードするシステム・インテグレーションのテストを行っており、アプリケーションの大小に関係なく、徹底してプラットフォームはテストされます。

JBoss、ストレージ、仮想化、OpenStackのCentOS上への実装とRed Hat Enterprise Linux上への実装でのサポートの違いは?

Red HatはCentOS上への実装にサポートを提供しません。

Red HatのOpen Source AssuranceプログラムはCentOSにも適用されますか?

いいえ。

▲Topへ戻る

CentOSのガバナンス

CentOS BoardとCentOSサブプロジェクト(SIG)は、メリットベースのガバナンスモデルを取り入れています。CentOS プロジェクトは、有効にコラボレーションが可能なメリットベースを原則としたGoverning Boardを持つことになります。

詳細は、Governing Boardに関する詳細は http://www.centos.org/about/governance を参照してください。

Governing Board

Governing Boardとは?

Governing Boardは、特定の新しいSIGを含むCentOS プロジェクトの監督を務めています。委員会はCentOS プロジェクトとコミュニティのゴールの明確化についても責任を持ちます。CentOSブランドとその意匠は保護されています。
CentOS プロジェクトとSIG内の最終決定権を持つのがGoverning Boardです。

現在のCentOS プロジェクトのチーム・メンバー、そしてチームと共に活動するRed Hatからの人材によって、基本となる委員会が構成されます。現在のGoverning Boardの構成は http://www.centos.org/about/#the-governing-team を参照してください。

CentOSのGoverning Boardの多くがRed Hatの人材で構成されるようになりますか?

Red Hatによって雇用された現在のCentOS プロジェクトチーム・メンバー、そして既存のRed Hatの従業員が基本となる委員会を構成するため、Governing Board内の多くがRed Hatの従業員で構成されています。得られるメリットを最大限に考慮して、現在の委員会が追加の委員をRed Hatの内外から任命します。Governing Boardは、その過半数をRed Hatの従業員で構成された総勢11名のディレクターからなります。

Governing Boardに参加することで得られるメリットは?

CentOSのGoverning Boardに関する情報は http://www.centos.org/governance を参照してください。

▲Topへ戻る

CentOSとVariants

CentOSは、新しいディストリビューション・Variantsをその貢献者が提供できるようにします。新しいコンポーネントを特定のグループが選んでCentOSのGITレポジトリに取り込み、CentOSのコアと組み合わせることができ、グループのニーズに応えられるようになります。

実際のVariants

CentOSのVariantsはどのように機能するのですか?

OpenStackのプロジェクトを例にとってみましょう:

クラウド基盤を構築するOpenStackは急速に成長しているプロジェクトで、半年毎に新しいリリースが出ます。着実に改修が続けられているため、OpenStackを利用する際にユーザは容易に意図したプラットフォームで動くものを見つけることができます。

この着実な改修は、デフォルト・カーネルのようなCentOSと共に提供されるコンポーネントは、最新のOpenStackの機能を使えるようにするためのカスタム・アップデートが必要であることを意味します。現在、RDOのようなCentOS向けのOpenStackプロジェクトによるパッケージは、一般的に独自にこれらのアップデートの生成と保守が行われています。

またOpenStackは基盤コンポーネントのドライバも含んでいます。たとえばOpenStackは、多くのハイパーバイザの選択肢と共にKVM とXenをサポートし、GlusterやCephを含む多様なストレージ・システムと共に利用でき、そしてoVirtのような補完的なクラウドや仮想化プロジェクトとの統合も可能です。

RDOとCentOSカーネルにおいて、その最新機能を有効にするためには、各々でまた、OpenStackと共に、ほとんどの基盤プロジェクトで、CentOSのコア・パッケージ・セットに対する様々なアップデートが必要になります。そして、これらプロジェクトではそのVariantsを通常独自にプロデュース、提供、保守します。

CentOSのクラウド/仮想化Variantsでコラボレーションすれば、オープンソース・プロジェクトからの貢献者の成果物をCentOSがプール可能となり、コアCentOSレポジトリをオーバーレイする形で、アップデートされたコンポーネントをレポジトリ内で提供できます。

厳選された最新のオープンソース・コンポーネントを含みながらも、とても安定した環境を提供しているCentOSについて知るためにも、プロジェクト・グループと共に活動することはユーザにとっても良い経験です。

コンポーネントが含まれるようにするか否かは、バックポート機能か新しいコンポーネント・バージョンへの移行か、いつアップデートをリリースするの か、どのくらいの期間このCentOSコア・バージョンをサポートするのかなどを検討項目として、CentOSGoverning Boardの監視下でSIGのメンバーによって決定されます。

Variantsの作り方は?

正式なCentOS上での非公式のVariantsの製作は http://wiki.centos.org/Variants/MakeYourOwn にあるツールと情報で行えます。公式のVariants・プロジェクトについては、http://wiki.centos.org/SpecialInterestGroup を参照にしてCentOS SIGを立ち上げてください。

全てのCentOSのVariantsは他のものと完全に互換性を保つ必用があるのですか?

異なるCentOSのVariantsには異なったパッケージが含まれているため、他のVariantsやRed Hat Enterprise Linuxとの完全互換性は確保されていません。

CentOS.orgからのコアCentOSディストリビューションのダウンロードはこれまでどおり容易ですか?

はい。CentOSバリエーションの新しい成果物に加え、CentOS ProjectではコアCentOSディストリビューションへアクセスできるインストーラを提供する予定です。

▲Topへ戻る

git.centos.org

git.centos.orgとは?

git.centos.orgはCentOSリリースに含まれているソースコードを保管するためのレポジトリで、広く利用されているオープンソースのバージョン管理システムを用いています。CentOS プロジェクトとVariantsのSIGのための正式なレポジトリです。

git.centos.orgはgithubのようなものですか?

他のLinuxディストリビューションでは、githubがそのパッケージ・コードを保管する場所になるかも知れませんが、CentOSリリースに含まれているパッケージはCentOSプロジェクトの公式なGITレポジトリに受け入れられている必要があります。

CentOSに含まれるためのパッケージの提案方法は?

CentOSに含まれるためのパッケージの提案方法は?
CentOS SIGを介してパッケージを提案するための方法は、http://wiki.centos.org/SpecialInterestGroup/ProposingPackages を参照してください。

CentOSに貢献するためにはContributor License Agreementが必要ですか?

いいえ。必要なのはなんらかの形で参加し、実際に貢献することだけです。

▲Topへ戻る

その他の情報