Windowsサーバー環境から、スムーズにクラウドへ。
それを実現するのがRed Hat Enterprise Linuxとオープンソースです。

Windows Server 2003サポート終了。
移行準備が遅れるほど、リスクが増大します。

2015年7月15日、Windows Server 2003サポート終了。移行の準備はお済みですか?
デスクトップOSと違い、さまざまなアプリケーションに影響するサーバOSは正式サポート無しで延命することは困難です。また古いOSをアップデートせず使い続けていると、セキュリティリスクが増大し、システム停止を招きかねません。移行が遅れたために、ウイルス感染やハッキングなどによるデータ流出、場合によってはビジネスを止め、社会的信用を失い、致命的なダメージを負いかねません。

Caution
【サポート終了に伴う主なリスク】
サポート終了後はセキュリティ更新プログラムの提供が終了
無償/有償を問わずサポートが受けられないため、障害やトラブルへの対応が困難
その他すべてのサポートが終了し、他ベンダーのソリューションも補償対象外

時代はクライアント・サーバーからクラウド&モバイルへ
今移行するなら、クラウドです。

現在、スマートフォンやタブレットの普及により、ITを利用する機器はWindowsのPCからモバイルへ、サーバーがクラウドへと主役交代しつつあり、従来のクライアント・サーバーシステムでは対応できない、場所と時間を超えたITの利用が可能になりました。企業のIT部門は、Windows Server 2003サポート終了を「クラウド&モバイルへの移行」のための絶好の機会にするべきです。

時代はクライアント・サーバーからクラウド&モバイルへ

クラウドと親和性の高いRed Hat Enterprise Linuxだから、
さまざまなクラウド環境に適合します。

オープンなRed Hat Enterprise Linuxはクラウドとの親和性が高いエンタープライズ向けOSです。パブリッククラウドはもちろん、オンプレミスでのプライベートクラウド構築、その二つを組み合わせたハイブリッドクラウドまで柔軟なシステム活用が可能。さらに既存のシステムとの連携も容易です。オープンソースなので、ベンダーロックインからも解放されます。またRed Hat Cloud Accessによってパブリッククラウドとオンプレミス間でのポータビリティを提供し、認定クラウドプロバイダーのクラウドでRed Hat Enterprise Linuxを利用することができます。

Red Hat Cloud Accessによるポータビリティ国内サーバーOS市場動向

保守は最小限に。
アプリケーションの効果は最大限に。

Red Hat Enterprise Linuxの優れたTCO削減効果を、もたらします。

1年間の総所有コスト 34%低減

上記の比較結果は、Red Hatから独立系の調査会社に依頼したリサーチの実施結果と独自手法による分析に基づきます。