ユーザー事例


 日本電気株式会社(NEC)では、2008年から経営システム改革に着手し、グループ会社の経営システムを共通化する「One NEC」を推進してきた。さらに、2015年からはリアルタイム経営基盤の確立に向けたインメモリデータベース「SAP HANA」の導入を進め、2016年11月に完了した。グローバルにわたる大規模でミッションクリティカルなデータベースを支えるOSとして、「Red Hat Enterprise Linux for SAP HANA(以下RHEL for SAP HANA)」が採用された。プロジェクトの背景やRHEL for SAP HANA採用のメリットについて話を聞いた。(掲載内容は2017年2月時点のものです)

関目 剛久氏

日本電気株式会社
経営システム本部長
関目 剛久

西村 知泰氏

日本電気株式会社
ITプラットフォーム事業部長
西村 知泰


この記事は会員限定です。
OPEN EYE ONLINEに登録すると続きをお読みいただけます。
続きを読む ≫