ユーザー事例


 Yahoo! JAPANのグループ企業であるIDCフロンティアが、新たな事業創出に向けた取り組みを強化している。主力のデータセンター事業を基盤としたクラウドサービスやビッグデータ分析サービスのノウハウを活用し、IoTや機械学習などの最先端技術を組み合わせて、顧客志向の新しいデータ活用サービスの開発を推進する。同社では、この新しい取り組みの基盤技術としてコンテナ技術を採用し、アプリケーションの開発・実行環境に「Red Hat OpenShift Container Platform」を導入した。すでに北九州市において、介護施設従事者のIoTによる行動認識実証実験を産学連携で実施したほか、企業のデジタル変革を後押しする様々な実証実験プロジェクトが進められている。

大屋 誠 氏

株式会社IDCフロンティア
データビジネス本部 基盤開発部 部長
大屋 誠

大和 喜一 氏

株式会社IDCフロンティア
データビジネス本部 基盤開発部 主任研究員
大和 喜一

 


この記事は会員限定です。
OPEN EYE ONLINEに登録すると続きをお読みいただけます。
続きを読む ≫