最新レポート

1 2 3 4 5

レッドハット・フォーラム 2016 へのお申し込みはこちら

 今年もいよいよレッドハット・フォーラムの開催が近づいてまいりました。本年度のテーマは「The power of participation― アイデアとテクノロジーが生むオープンイノベーションの破壊力―」。ITの役割や可能性が大きく変化している今、日本経済の持続的成長や地域社会の変革、さらにはグローバル市場における日本企業の成長に、レッドハットのビジネスの根幹であるオープンソースソフトウェアがどのように貢献できるのか。すべての成長や変革の原動力である「人」が持つ創造力(アイデア)とITとを融合することで、企業の成長や変革を最大化させる手法や可能性について、余すところなくご紹介いたします。

ゼネラルセッション

望月 弘一

レッドハット株式会社
代表取締役社長
望月 弘一

ジム・ホワイトハースト

米国レッドハット
社長兼CEO
ジム・ホワイトハースト

クレイグ・ムジラ

米国レッドハット
シニアバイスプレジデント
アプリケーション
プラットフォームビジネス
クレイグ・ムジラ

丹治 邦夫 氏

中国電力株式会社
執行役員
情報通信部門(情報システム)部長
丹治 邦夫

梶本 一夫 氏

パナソニック株式会社
全社CTO室 技術戦略部
ソフトウェア戦略担当理事
梶本 一夫


レッドハット・フォーラム 2016 へのお申し込みはこちら

レッドハットのソリューションは、大きな変革を求められている企業のITインフラ戦略を支援し、ビジネスの拡大に貢献します。

  • オープンソースソフトウェアによる次世代の仮想化技術やクラウド基盤でITインフラを刷新。
  • コンテナアーキテクチャやxPaaSを駆使したDevOpsにより、アジャイルなIT開発を実現。
  • さまざまなデバイスやチャネルで取得したビッグデータ/IoTをビジネスに迅速に活用することで「攻める経営に貢献するIT」を実現。

 午後のブレイクアウトセッションでは、これらのソリューションを以下の5つのカテゴリに分け、導入事例やデモ、パネルディスカッションを交えながら幅広い内容でご紹介します。

Category1 OpenStack/クラウド

POINT
  • 本格運用時代を迎えたOpenStackについて、ユーザーの生の声が聴ける
  • 信頼できるクラウドのコアとなるRHELの最新動向がわかる
  • NFVの意義や、それにともなう通信事業の変革を把握できる

 本格的な運用が始まったRed Hat OpenStack Platform。見どころは、言うまでもなくユーザー導入事例です。また、次世代のアジャイル基盤としてOpenStack環境とコンテナ環境の関係を紐解きます。さらにRed Hat Enterprise Linux(RHEL)のテクノロジーや最新ロードマップ、注目度が高いNFVセッションなどもご用意しています。

事例セッション
  • 【CLD305】 NHNテコラス株式会社/レッドハット:OpenStack 事例紹介ーOne Command デプロイへの挑戦ー
  • 【CLD302】 フリービット株式会社/レッドハット:最新事例から考えるRed Hat OpenStack Platform
おすすめセッション
  • 【CLD502】 レッドハット:先駆け情報!Red Hat Enterprise Linux 8と未来を占う。
  • 【CLD103】 日本マイクロソフト株式会社:エンタープライズ企業がAzureを選ぶ理由、お教えします
  • 【CLD403】 レノボ・ジャパン株式会社:SDSでストレージのコストと運用リソースを解放せよ!
  • 【CLD205】 日本電気株式会社:クラウドネイティブに向けたOpenStack最前線
  • 【CLD404】 デル株式会社:Dell Red Hat Cloud Solutions 〜OpenStack基盤はデルにおまかせ!

OpenStackがユーザーへ提供するコンピューイング環境

1 2 3 4 5