最新レポート


 2017年4月20日、レッドハットは新年度事業戦略を発表した。昨年度の売上は好調に推移し、今年度は本格的な発展段階に突入した“デジタルトランスフォーメーションによる成長戦略”に注力していく。重点ビジネス領域は「アプリケーションの高度化」、「クラウドとコンテナ活用の促進」、「DevOpsやITオートメーションの実現」の3本柱とする。代表取締役社長 望月弘一は「引き続きオープンソースでお客様のビジネスイノベーションに貢献していく」とその意気込みを語った。
 

昨年度のグローバル売上は前年比18%増
新しいソリューションを多数展開

 2017年3月、米レッドハットの発表によると、2017年度(2016年3月-2017年2月)の業績は売上(グローバル全体)が前年度比18%増の24億1200万ドルとなり、60四半期(15年)連続の成長を達成。売上総額構成比で71%を占めるインフラ関連製品(主にRed Hat Enterprise Linux)は前年比15%成長、続いて18%を占めるアプリケーション開発・新興テクノロジー製品は前年比36%成長となり、後者が成長を強くけん引した。同年第4四半期には大型案件が増えてきており、望月は「近年、買収などで製品ラインナップの拡充が進み、ビジネス領域を幅広くカバーした提案ができるようになったため」と補足した。

 日本における同年度の取り組みを振り返ると、新たなコンテナ戦略であるOpenShiftの開拓やOpenStackのサポート期間5年への延長、また買収した自動化プラットフォーム「Ansible」やAPI管理プラットフォーム「3scale」の順調な市場拡大などが挙げられる。さらにDevOps実現に向けてワークショップを開催するなど、数多くの新ソリューションを展開した1年となった。

 導入事例としては、カーエレクトロニクス事業の大手企業であるパイオニアで次世代カーナビ基盤にOpenShift Container Platformが採用されるなど、デジタルトランスフォーメーションの実現が顕著となった。ビジネス規模ではRed Hat OpenStack Platformが前年比3.5倍、OpenShift Container Platformが前年比4倍の勢いで伸長している。クラウドベンダーのフューチャリズムワークスは、Red Hat OpenStack PlatformとRed Hat Ceph StorageでIaaSサービス基盤を2カ月で構築。また最先端のインターネット関連サービスを提供するフリービットは、OpenStack拡張とハイブリッドクラウド統合管理ツールCloudFormsでサービス提供の時間短縮と操作性向上を実現するなど、高度な事例が続いた。

 パートナービジネスではマイクロソフトとの戦略的提携があり、2017年1月からRed Hat on Azure Partner Networkを提供開始。クラウドパートナーは47社から56社に増え、ビジネス規模は前年比1.7倍以上伸長した。また昨年5月には名古屋に中部営業所を開設し、公共・地域ビジネスが活況を呈すなど、ビジネス領域を拡大した。

イメージ

  • (左から)
  • 日本アイ・ビー・エム株式会社 IBMクラウド事業本部
    クラウド・ソフトウェア事業部長 執行役員 渡辺公成 氏
  • 株式会社インターネットイニシアティブ クラウド本部 サービス統括部 兼
    グローバル事業部 グローバルプロフェッショナルサービス部長 神谷修 氏
  • 株式会社アクティス 執行役員 ソリューション事業部長 堀口浩之 氏
  • 日本電気株式会社  プラットフォームサービス事業部
    クラウドプラットフォームサービス部 部長 木村好孝 氏
  • レッドハット株式会社 代表取締役社長 望月弘一

 

今年度の重点ビジネス領域は3本柱+RHEL
デジタルトランスフォーメーションの実現を

 企業におけるデジタルトランスフォーメーションは顧客を中心としたビジネス変革であり、今や黎明期を脱し発展、成長する段階に突入している。「2017年は日本でも多くのお客様がデジタルトランスフォーメーションに取り組むことになる。私たちは積極的にそのお手伝いをしていきたい」と、望月は思いを述べた。

 今年度の重点ビジネス領域は「アプリケーションの高度化」「クラウドとコンテナ活用の促進」「DevOpsやITオートメーションの実現」の3つであり、オープンプラットフォームの標準となったRed Hat Enterprise Linux(RHEL)がそれらを確実に支える。3つの重点ビジネス領域の詳細は下記のとおりだ。

 「アプリケーションの高度化」への取り組みでは、Red Hat JBoss Middlewareと3scaleを中心にアプリケーションのモダナイズとマイクロサービスを実現する。現在すべてのJBoss Middlewareのコンテナ対応が完了し、OpenShiftやモバイルとの組み合わせ提案を強化している。3scaleはOpen API対応を完了しており、今年度はIoTや国内Fintech分野に精力的に取り組んでいく。また、パートナー企業とのAPIビジネスの協業も推し進める予定だ。IoTやモバイル導入、リアルタイム分析ソリューションについても実績が出てきており、特に後者は大手小売業における売上増大の事例をベースに横展開を狙っていく。

 「クラウドとコンテナ活用の促進」では、Red Hat OpenStackとOpenShiftが中心となる。今年度は国内におけるRed Hat OpenStack導入企業を200社まで伸ばし、NFVパートナーを強化するなどクラウドビジネスを拡大する。コンテナ基盤も現在大規模に展開中で、近々事例を公開できる見込みだ。コンテナ対応の国内アプリケーション数は、30種類超までの増加を目指す。また、レッドハットのOpenStackやOpenShiftをサービスに含めたプライベートクラウドをパートナーのマネージドサービスとして提供する“Private Cloud as a Service”も促進していく。これを提供するパートナー企業として日本IBM、アクティス、インターネットイニシアティブ、NECが登壇。各社のサービスや取り組みについて紹介した。

 「DevOpsとITオートメーションの実現」では、DevOpsディスカバリーセッションとAnsibleが中心となる。お客様からの強い要望で実施しているDevOpsディスカバリーセッションは好評を博しており、今後も拡大していく。またDevOpsから次世代IT環境(例えばOpenStack+OpenShift+Ansible+Storageなど)の構築をサポートするなど、その活用も促進する。今年度は「ITオートメーションディスカバリーセッション」を新設し、IT基盤運用の自動化による効率化を推進していく予定だ。

 望月は2017年度の業績に謝意を述べ「さらなる加速を目指す。レッドハットのミッションはオープンソースによる技術革新を実現することであり、お客様のビジネスイノベーションを実現するための重要なパートナーとなることだ」と強調して締め括った。

2018年度 重点ビジネス領域