そのプロダクトとサービスに未来を組込め!

ET 2015 組込み総合技術展
[RED HAT Embedded Program コラム]IoTや組込み技術の最新情報・動向をお届けします

IoTビジネスをリードするエンジンは
オープンなRed Hat Embedded Program
これが、ライフスタイルやワークスタイルを変えていく

従来の組込み型ソリューションは製品単体を動かすためにOSやミドルウェアを活用するツールというイメージでした。しかしインターネットで人・情報・モノが結びつき、いつでもどこでも活用できるようになった今、組込み型ソリューションの可能性や活躍のフィールドもアイデア次第で無限に拡がり、モノを動かすツールからコトを動かすエンジンへと進化しています。

Red Hat Embedded Programはオープンソースを活用し、各種デバイスに容易に接続、コントロールできるミドルウェアを提供。さらにレッドハットが提供するOpenStackやOpenShiftなどのクラウドソリューションを活用すれば、IoT(Internet of Things)を活用した新たなビジネスモデルを迅速に開発・運用できます。もちろん製品単体のための組込みソリューションにも最適です。

Your Ideas×Red Hat Embedded=ビジネスの創出

人工知能とIoTを組みあわせた、新たなコミュニケーションビジネスの創出

イメージ

例えば今、人工知能を(AI)を搭載した家庭用ロボットがさまざまな分野で活用されています。AIでコミュニケーションをとれるロボットやぬいぐるみにIoTを組み合わせれば、ひとり暮らしのお年寄りのパートナーとして普段は話し相手に、応答がないなどの異変を察知したときには遠く離れた家族や近くのヘルパーさんに知らせるなど、距離を感じさせない見守りとコミュニケーションを実現できます。また銀行などでは普段は定型的なサービスを案内する受付ロボットとして機能させ、専門的な相談は遠隔地のコンサルタントにつないで応対するといった活用も可能になります。

Your Customers×Red Hat Embedded=顧客満足度の向上

例えばHEMSとIoTを組み合わせ、省エネのアドバイスを行う付加価値サービスを

イメージ

今、住宅業界においては太陽光発電、蓄電池、電力会社から供給される電気などをマネジメントし、それを見える化したHEMSが注目されています。そこにIoTを組み合わせれば、IPアドレスやICチップなどを使って、どの機器でどれくらい電機が使用されているかを企業のサービスセンターで把握可能。

コンサルティングなど、一歩進んだサービスを展開し、顧客満足度の向上につながります。また防犯においてもカメラを搭載したリモコンカーで侵入者を追跡し、防犯用カラーボールを発射するなどより安心なサービスも実現できます。

Your Workstyle×Red Hat Embedded=業務効率の向上

既存の業務効率の向上や人的リソースの有効活用

イメージ

トンネルや吊り橋、陸橋、橋脚の目視による劣化・安全性確認は熟練者の経験が必要となるケースが多く、そのための人員確保も大変です。

IoTを活用すれば、熟練者が現場に行かなくてもリモートコントロールのカメラ付きマシンを現場の一般の作業担当者が操作し、インターネット経由で熟練者が確認できます。センターで集中メンテナンスを行えるので業務の効率化とともに最適な人的配置が可能となります。またクラウドのマルチテナント機能を活用し、危険な場所での工事や災害現場の復旧のために重機を遠隔操作するシステムを共有して低コストで実現することも可能となります。

[RED HAT Embedded Program コラム]IoTや組込み技術の最新情報・動向をお届けします

RED HAT Embedded Program コラム

このコラムでは、IoTや組込み開発に関わる方々に向けて、組込み技術やソリューションに関する動向、それらに対する技術者の思い、日頃感じていることなど、弊社の製品の枠にとどまらず幅広くお伝えしていきたいと思います。

コラムへ