オープンソースのおと


こんにちは、ソリューションアーキテクトの岡野です。

今回は、Red Hat Connect で提供されているトレーニングの仕組み「Red Hat OPEN」 について、その概略と利用方法をご紹介します。

Red Hat OPEN は「Red Hat Online Partner Enablement Network」の略で、 パートナー向けに提供しているオンライントレーニングサイトです。弊社のほぼ全ての製品を体系的に学ぶことが可能で、非常に充実した内容となっており、製品概要から技術詳細、そしてハンズオン環境まで用意されています。

Red Hat OPEN では、各役割ごとに以下のようなコンテンツが準備されています。

  • 営業の方向け・・・音声付きスライド
    製品概要、How to Sell など
  • プリセールス SE の方向け・・・音声付きスライド + ハンズオン
    製品概要、How to Sell、製品技術詳細、製品の使い方に関するハンズオン
  • デリバリの方向け・・・音声付きスライド + ハンズオン
    製品技術詳細、製品のインプリメンテーション含めたハンズオン

[音声付きスライドの例]

トレーニングは、以下のようなカテゴリーに分かれています。各カテゴリーに含まれる製品は大まかに下記の通りです。こちらを参考に選択いただければと思います。

  • Foundation
    Red Hat の基礎(営業、プリセールスエンジニアに対応)*
  • Cloud Infrastructure
    Ansible, Cloud Forms, OpenStack, OpenShift
  • Data Center Infrastructure
    RHEL, Satellite, Ceph/Gluster, RHV
  • Middleware Solutions
    3scale, BPM, EAP, A-MQ, Fuse, OpenShift, MAP

*Foundation は製品トレーニングではありませんが、他のトレーニング実施前に完了する必要があります。

 

具体的なトレーニング受講方法については「OPENの受講方法[PDF]」をご確認ください。

OPEN では多くの有益なトレーニングコンテンツを提供していますので、ぜひ積極的にご活用ください!!

 

次回は、OPEN で提供されている機能の一つである、オンラインLAB(OPENTLC)についてご紹介します。

 

 


レッドハットのパートナー:その他の記事

【1】制度とメリット

【2】パートナー専用サイト「Red Hat Connect」とは?

【3】Red Hat Connect の利用方法

【5】Red Hat OPEN に関する説明と利用手順 その2