オープンソースのおと


こんにちは、ソリューションアーキテクトの森若です。

今回から5回にわたり、レッドハットのパートナー制度について、またパートナーになるとどのようなメリットがあるのかについてご紹介していきます。

レッドハットでは、パートナープログラムを導入しています。これは、レッドハットに関連したビジネスを行うパートナー企業各社にリソースを提供し、ビジネスを促進していくことを目的としたものです。

パートナーシップには、ビジネスの規模等に応じて以下の3種類のグレードがあります。

  • レッドハット レディ・パートナー
    エントリーレベルのパートナーシップで、レッドハットが提供するリソースやマーケティング資料、ツールなどをご利用いただけます。
  • アドバンスドビジネス・パートナー
    上位レベルのパートナーシップで、レッドハットとビジネスプランを共有し、大きなメリットを得ることができます。
  • プレミアビジネス・パートナー
    レッドハットとより戦略的な関係を結ぶパートナーシップで、最上位レベルの特典やサポートを受けることができます。

 

パートナーには、グレードに応じて各種の特典が提供されます。以下にその一部をご紹介しましょう。

 

  • 特別価格の適用
  • 案件登録プログラムへの参加
  • リベートの設定
  • 更新プログラム適用
  • 担当CAMのアサイン
  • パートナー向けトレーニング(OPEN)の提供
  • レッドハット公式トレーニングの割引
  • デモや開発に利用できるサブスクリプション(NFR)の提供
  • ベータプログラムへの参加
  • パートナーニュースレターの配信
  • 技術および営業資料へのアクセス
  • Red HatのWebサイトへの掲載
  • プログラムロゴの使用
  • 事例、ホワイトペーパー、製品資料の共同作成

 

これらの特典の多くは、 Red Hat Connect for Business Partners というWebサイトからアクセスできます。このサイトについては、次回以降に詳しくご紹介していきます。

なお、レッドハットのパートナー登録および更新に費用はかかりませんが、年1回の再認定が必要となります。再認定には、各グレード毎に定められた条件を満たす必要があり、グレード毎に定められた認定資格の取得や、グレードによっては成功事例の作成などがあります。

レッドハットのパートナープログラムの詳細については、Red Hat パートナープログラム からリンクされている「パートナープログラムガイド」をご覧ください。

パートナーへのご登録希望やご質問のある方は、sales-jp@redhat.com までお気軽にお問い合わせください。

 


レッドハットのパートナー:その他の記事

【2】パートナー専用サイト「Red Hat Connect」とは?

【3】Red Hat Connect の利用方法

【4】Red Hat OPEN に関する説明と利用手順 その1

【5】Red Hat OPEN に関する説明と利用手順 その2