Red Hat Enterprise Linuxなら、高度なセキュリティの提供はもちろんオンラインツールとプロフェッショナルによるサービスで、万全な脆弱性対策を行えます。

■意外と気づかないセキュリティの落とし穴

次の理由により、サーバーにどのパッケージがインストールされていて、どのサービスを利用しているかを正確に把握出来ていない

  • ・OSが既にインストールされているサーバーを購入した
  • ・前任者がOSのインストールを行った後に、十分な引き継ぎが行われていない

現在利用中のサービスがアップデートされていなくて、脆弱性が発生している危険性が!?

こうした危険性を排除するために、サーバーのパッケージおよびサービスのご利用状況を正確に把握し、ご利用中のものについては更新の有無を確認することを推奨いたします。

Red Hat Enterprise Linuxなら、インターネット経由で簡単に脆弱性チェックを行えます。

サポートページRed Hat Enterprise Linuxは、インターネットでサポートページ(Red Hat Network)に利用者登録してログインするだけで登録した各サーバでのパッケージ構成と適用するべき修正をチェックすることができます。これにより脆弱性がないか、最新のバージョンがインストールされているかを随時、確認することができ、お客様のシステムを常に安全に保つことができます。

だからエンタープライズで選ばれるRed Hat Enterprise Linuxのセキュリティ対する取り組み

レッドハットはエンタープライズでの活用に求められるセキュリティ標準、暗号化標準に対応。万が一、脆弱性やバグなどの問題が発生したときにも迅速に対応していちはやくアップデートを提供できるようセキュリティ専門のプロフェッショナルチームが各セキュリティ機関と密に連携し、対策を実施。Red Hat Networkによるコンポーネント構成チェック、レッドハットのスタッフによるRed Hat Enterprise Linux脆弱性クイックチェックサービスも、そのセキュリティ対策の一環として位置づけ、より高い信頼性を実現します。

Contact us

脆弱性クイックチェックサービスに関するお問合せです。

PDF ダウンロード

本サービスに関する資料はこちら

関連リンク