FAQ

トレーニングの申込に関する情報

提供中のトレーニングのスケジュール・価格等の確認

ご提供中のトレーニング一覧(PDF)でコース日程・価格等をご確認いただけます。
スケジュールPDF

定期開催コース会場および開始時間

定期開催コースは、現在 東京(品川御殿山)と大阪(江坂)の2会場にて開催。
会場の地図は、以下よりご確認ください。
トレーニング会場を確認

トレーニングの開始時間

◆コース
開場:午前9時
コース:午前9時30分-午後5時

講義終了時間は目安です。
講義時間は、ご受講者様の理解度や実習の進捗などにより前後する事があります。教室は18時まで開放されており、それ以前に講義が終了した場合、自主演習にご利用いただく事も可能です。

◆試験
受験される試験により開始および終了時間が異なります。
EX300(RHCE試験)
集合:午後2時15分  試験開始:午後2時30分
EX300以外
集合:午前9時15分  試験開始:午前9時30分

学習管理システムについて

従来より、Red Hat Networkのアカウント登録により、認定資格のステータスを管理する仕組み(Certification Central)を提供しておりましたが、これに加えて2017年4月以降にお申込されたコースについては、新しく導入された学習管理システムにより個人毎の学習履歴等の管理も行えるようになりました。
このシステムの導入に伴い、Red Hatトレーニングご受講に関わるすべての方(お申込み責任者・受講者など)に、Red Hat NetworkのログインIDを作成していただくことになりました。

ログインIDの作成方法については、以下のPDF 資料をご参照ください。
Red Hat アカウント登録ガイド

トレーニングのお申込方法

Red Hat へ直接申込される場合
Red Hat トレーニングのお申込方法は、以下をご参照ください。
学習管理システム利用ガイド(受講者用)

受講費用のお支払い方法については、いくつかの方法が選択できますが、適用可能な条件が異なります。また、請求書の発行のタイミングも異なりますので、ご注意ください。

  • A.注文書(PO : Purchase Order )によるお支払い
    注文書によるお支払いについては、Red Hatが信用取引を行っているお客様に限られます。ご不明の場合には、Red Hat トレーニング担当までお問い合わせください。
    注文書によるお支払いを選択されてお申込みされた場合、コース終了後に請求書をお送りいたします。尚、編集可能な注文書サンプル(Excel)をご用意しておりますので、ご利用ください。
  • B.前払い(請求書)によるお支払い
    コース開始日の35日以前にお申込みいただく場合のみ選択できます。登録後すぐに請求書が発行されますので、コースの開始日までに受講料をお支払いください。 なお、個人でのお申込の場合は、前払いによるお支払いのみ受付させていただいております。 前払いをご希望のお客様で、コース35日前を経過している場合については、Red Hat トレーニング担当までお問い合わせください。
  • C.トレーニングユニットによるお支払い
    トレーニングユニットをご購入いただいたお客様は、有効なトレーニングユニットオーダー番号(TUAナンバー)を入力いただく事で、コースのお申込みを行えます。
    登録後、お申込みいただいたコースのトレーニングユニット数が引き落としされます。
  •  なお、Red Hat パートナー向けの特別ディスカウントの適用については、担当営業またはRed Hat トレーニング担当までお問い合わせください。

トレーニング販売パートナーからお申込される場合

Red Hat トレーニングは、以下のパートナー様からもお申込いただけます。
お申込方法につきましては、各社にお問い合わせください。

〈Red Hatトレーニング販売パートナー(五十音順)〉

トレーニングポリシー

キャンセルや日程変更など、Red Hat トレーニングサービスのご提供に関わる詳細のポリシーは、以下よりご確認いただけます。
トレーニングポリシーPDF

トレーニングに関するお問い合わせ

トレーニングに関して、ご不明点などございましたら、下記までお気軽にお問い合わせ下さい。

レッドハット株式会社 Red Hatトレーニング
TEL:03-4510-2595(営業時間)月曜~金曜 9:30~18:00
E-mail: training-jp-adimin@redhat.com

認定資格に関する情報

認定資格に関するFAQ(PDF)

認定試験や資格に関する、よくあるご質問をまとめましたので、以下のPDF資料をご参照ください。
Red Hat 認定プログラムに関する よくある質問

認定資格のステータス確認(Certification Central)

Red Hat の認定資格は、取得日から3年間を「カレント(最新)」としています。 Red Hatの認定資格は、「期限切れ」または「終了」または「無効」にはなりませんが、3年を経過すると「ノンカレント」というステータスになります。

最新のスキルを維持するために、カレント期間中に上位資格の取得や再認定のためのトレーニングの受講および受験をお勧めします。

ご自身の認定資格のステータスについては以下のCertification Centralよりご確認いただけます。
https://www.redhat.com/rhtapps/certification/verify/

再認定ポリシー

認定の種類に応じて、認定資格を最新に維持する方法が用意されています。
認定資格を維持するために、再受験や、上位資格を取得することによりカレントステータスを維持する方法などがあります。

認定資格毎の再認定ポリシーについては、以下をご確認ください。
https://www.redhat.com/ja/services/certification/renewal

認定試験の結果または認定資格のステータスに関するお問い合わせ

認定資格のステータスや試験の結果につきましては、米国の認定試験部門にて管理しております。受験した試験や保有する認定資格に関するご質問などございましたら、以下よりお問い合わせください。
https://www.redhat.com/rhtapps/certification/comments/